無窮の一葉
渾沌より出でて 無窮に消ゆる 名もなき言の葉
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/12/28(日)   CATEGORY: 四季
『かすむ記憶』
駆け抜ける鉄の箱舟
振り返るいとまもなく


たなびく雲のまにま のぞく稜線の
その真白き雪かぶる 荒れた山肌に
ただ冬という 厳しき季節の到来を知るのみ





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ネリム | URL | 2014/12/29(月) 12:29 [編集]
こんにちは、先日はお越し頂き有り難うございます
冬の厳しさが伝わってきますね
Re:
坂崎 五十八 | URL | 2014/12/29(月) 12:47 [編集]
>ネリム様



こんにちは。
ご訪問、並びにコメント、ありがとうございます。

帰省の際、新幹線の車窓から見えた風景をまま、描写してみました。
まだまだ厳しい寒さが続くかと思いますので、温かくしてお過ごしくださいね。

またのお越しをお待ちしております。
Copyright © 無窮の一葉. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。