無窮の一葉
渾沌より出でて 無窮に消ゆる 名もなき言の葉
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/12/22(月)   CATEGORY: 旅路
『旅情』


高速で通過する駅のホームが 物悲しげに見送る



垣間見えるゆるやかな日常が 人々の営みと息吹が
儚さの余韻もなく すさまじい速さで 後方に流れてゆく



もう二度と戻れない 消えゆく「今」というこの瞬間に
声には出さず さようなら と呟く



物憂げに沈む さびしげな横顔
それは硝子の外を見遣る 窓辺に映る己のものだった




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
おお、できたてのほやほやですな
miss.key | URL | 2014/12/23(火) 10:56 [編集]
電車から窓の外を一人眺めていると、柄にもなくセンチになたりして。雨の降る薄暗い日なら尚更。私の場合小田急の新百合ヶ丘から秦野辺りまでの風景が浮かんでしまいます。あの辺りって山がちで駅前もさびしくて、ある意味良い雰囲気だったんですよね、昔は。
Re:
坂崎 五十八 | URL | 2014/12/23(火) 11:50 [編集]
>miss.key様


初めまして。
ご訪問、並びにコメント、ありがとうございます。

センチメンタルな雰囲気を目指して書いてみました。
皆様それぞれに、心に思い浮かぶ情景があるのでは…と思っています。
僅かなりと琴線に触れることが叶いましたら幸いです。

またのお越しをお待ちしております。

rainshot | URL | 2014/12/23(火) 21:21 [編集]
どうも
2つとも拝見しました。

この思いを抱いた人は、次に何を見るのか。
何に”前”を見るのか。
そんなことを気にさせる言葉だったと思います。
Re:
坂崎 五十八 | URL | 2014/12/23(火) 22:08 [編集]
>rainshot様



初めまして。
ご訪問、並びにコメント、ありがとうございます。

”先”に見るもの、それは希望か悲嘆か――
胸の裡にあるものは、きっと人それぞれだと思います。
拙い散文を読了していただき感謝いたします。

またのお越しをお待ちしております。

なるハハ | URL | 2014/12/24(水) 10:44 [編集]
こんにちは!
先日はご訪問、拍手・コメント
ありがとうございましたe-466

坂崎様の詩を拝見し、ここ最近毎日の忙しさに感けて
自分の周囲しか見ていないことに気が付きました。
自分が忘れてしまっている感情を思い出しに
これからも訪問させていただきますねe-466
Re:
坂崎 五十八 | URL | 2014/12/24(水) 11:43 [編集]
>なるハハ様



初めまして。
ご訪問、並びにコメント、ありがとうございます。

飽くなき日常の繰り返しに埋もれてしまう、忘れ去られた感情。
思い出すきっかけとなりましたら、それに勝る喜びはありません。
拙い散文ばかりですが、これからもご愛顧のほどお願い申し上げます。

またのお越しをお待ちしております。
Copyright © 無窮の一葉. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。