無窮の一葉
渾沌より出でて 無窮に消ゆる 名もなき言の葉
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2015/01/25(日)   CATEGORY: 情動
『魔都』


隙間なくひしめくものども
わずかの猶予もなく 俯き 黙々と足を動かす人々
 
先を急ぐ雑踏は どこまでも果てなく続き
ぐるりを囲む無機質な鉄の巨塔たちが 斜陽に照らされ
哀れみ慰撫するかのごとくに かすかにその硬い頬をゆるめ
吾にのみ心傾ける群集を 声もなく見下ろす


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

米田米子 | URL | 2015/01/30(金) 19:11 [編集]
きっと坂崎さんが毎日見ている風景なのでしょうね・・・。
言葉にあらわせない想いが伝わって来ました。
Re:
坂崎 五十八 | URL | 2015/02/01(日) 18:09 [編集]
>米田米子様



こんばんは。
ご訪問、並びにコメント、ありがとうございます。
返信が遅れまして申し訳ありませんでした。

先月、所用あって都内二十三区に足を伸ばした折に、眼についた光景でした。
わたしの胸に兆した「何か」を、この拙い散文でわずかなりと米田様に感じ取っていただけたのであれば、それに勝る僥倖はありません。

またのお越しをお待ちしております。
Copyright © 無窮の一葉. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。