FC2ブログ
無窮の一葉
渾沌より出でて 無窮に消ゆる 名もなき言の葉
DATE: 2014/12/28(日)   CATEGORY: 四季
『かすむ記憶』
駆け抜ける鉄の箱舟
振り返るいとまもなく


たなびく雲のまにま のぞく稜線の
その真白き雪かぶる 荒れた山肌に
ただ冬という 厳しき季節の到来を知るのみ





スポンサーサイト



DATE: 2014/12/25(木)   CATEGORY: 四季
『凶兆』
突如 一面に広がった
長く垂れ下がる 黒い手のような雲

今にも地に触れそうだった




ぞわり 訳もなく震え 粟立つ肌を
袖に隠した右手で ぐっと握りしめる






翳りゆく太陽
冷たき冬の雨降るときは近い






Copyright © 無窮の一葉. all rights reserved.